ホーム>ニュース&インフォメーション>インフォメーション

インフォメーション

いーらぼ発達支援教材 新刊発売のお知らせ

【いーらぼ発達支援教材シリーズ・新刊を発売いたしました】

いーらぼステップワーク10「漢字よみかきトレーニング3」


 漢字よみかきトレーニング1

漢字学習のスタートはカタカナの学習から。
文字を組み合わせて漢字を学ぶ、似ている文字を比べて形の違いをつかむ。
「字の形がつかめない」「同じ音、似た意味の漢字をまちがえる」という
つまずきのあるお子さんの苦手克服に向けた、新発想の漢字読み書きワークの続編・第3弾です。

カタカナの学習を漢字学習につなげた「トレーニング1」と、
文字の形くらべや読み方のつまずきに配慮した「トレーニング2」。

その続編となる「トレーニング3」では、今までの要素を取り入れつつ、
「おくりがな」など、子どもたちのつまずきやすいポイントをさらに深く学習する構成となっています。

※「漢字よみかきトレーニング3」では、小学3年生までの配当漢字を使用しています。

※漢字が苦手なお子さんには、学年が上がってもカタカナや漢字の基礎力等に
積み残しがみられることが多くありますので、学年に関わらず、
「トレーニング1」から学習をはじめることをおすすめします。
 

※内容見本は、こちらをご覧ください。

※活用方法は、教材の使い方をご覧ください。

※教材のご購入は、FAXでのご注文、または たいらかオンラインショップにて承っております。

≫FAXでのご注文

≫たいらか公式オンラインショップ

 

【新型コロナ対応】「パンデミックと子どものメンタルヘルス」掲載のお知らせ

新型コロナウイルス感染症への対応に追われた2年間。
子どもたちにも大きなストレスがかかっている状況が続いています。

「マスクをしているので友達の顔を知らない」
「学校行事が無くなった」
「友達となかなか会えない」

などの困り感が続き、出口の見えない状況で、調子を崩すお子さんも増えています。

そこで改めて、お子さんへの対応ガイドとして
「パンデミックと子どものメンタルヘルス」を作成しました。

 今後のお子さんとの関わりの一助としていただけますと幸いです。

 【ハンドブック】パンデミックと子どものメンタルヘルス  (PDF)

 

(ご来室の方へ)感染防止対策のお願い

平素より、Eラボ・スペースをご利用いただき、ありがとうございます。

まん延防止等重点措置は全面解除となりましたが、感染防止対策が要請されていることを踏まえ、
療育・学習支援等でご来室の皆様には、以下引き続きのご協力をお願いできればと存じます。
 



■療育・学習支援について

・ご来室に際しては、下記「ご来室にあたって」の内容をご確認ください。

・弊所では、ドアノブ、教具、イスやテーブル、スリッパ等の消毒、換気を随時実施して対応いたします。
 また、スタッフはマスク着用にて対応させていただき、可能な限りお子さんとの距離を保ちながら実施いたします。

・3密を避けるため、ご予約時間等の調整をさせていただく場合がございますので、ご了承ください。

・電話等、他の方法による実施も継続いたします。外出にご不安のある方はお申し出ください。
 (詳細につきましては担当とご相談ください)


■ご来室にあたって

ご来室されるすべての方(お子様、引率される方)について、以下の目安にしたがってのご対応をお願いいたします。

・濃厚接触の可能性がある方や、学校や園から自宅待機の指示が出ている場合には、ご来室をお控えください。

・検温してからのご来室をお願いいたします。
 発熱がある場合には、微熱程度であってもご来室はお控えください。

・その他、風邪の諸症状および体調不良が見られる場合には、その程度に関わらずご来室をお控えください。

・お子さんを引率される方の人数は原則お一人とさせていただきます。
 (相談内容にもよりますので、担当にご相談ください)

・マスクの着用、およびご来室後の手洗い、消毒をお願いいたします。
 



弊所では現状、上記の対応とさせていただきますが、
今後の感染者数の推移や政府・自治体からの要請によって、対応を変更させていただく場合がございますので、
ご来室前にはその都度、当ホームページをご確認くださいますようお願いいたします。

ご理解・ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

(2022年3月22日掲載)

いーらぼ発達支援教材 新刊発売のお知らせ

【いーらぼ発達支援教材シリーズ・新刊を発売いたしました】

いーらぼステップワーク9「漢字よみかきトレーニング2」


 漢字よみかきトレーニング1

漢字学習のスタートはカタカナの学習から。
文字を組み合わせて漢字を学ぶ、似ている文字を比べて形の違いをつかむ。
「字の形がつかめない」「同じ音、似た意味の漢字をまちがえる」という
つまずきのあるお子さんの苦手克服に向けた、新発想の漢字読み書きワークの続編です。

「漢字よみかきトレーニング1」では、カタカナと小学1年生までの配当漢字を、
「漢字よみかきトレーニング2」では、小学2年生までの配当漢字を使用しています。

※漢字が苦手なお子さんには、学年が上がってもカタカナや漢字の基礎力等に
積み残しがみられることが多くありますので、学年に関わらず、
「トレーニング1」から学習をはじめることをおすすめします。
 

※内容見本は、こちらをご覧ください。

※活用方法は、教材の使い方をご覧ください。

※教材のご購入は、FAXでのご注文、または たいらかオンラインショップにて承っております。

≫FAXでのご注文

≫たいらか公式オンラインショップ

 

いーらぼ発達支援教材 新刊発売のお知らせ

【いーらぼ発達支援教材シリーズ・新刊を発売いたしました】

いーらぼステップワーク8「漢字よみかきトレーニング1」


 漢字よみかきトレーニング1

漢字学習のスタートはカタカナの学習から。
文字を組み合わせて漢字を学ぶ、似ている文字を比べて形の違いをつかむ。
「字の形がつかめない」「同じ音、似た意味の漢字をまちがえる」という
つまずきのあるお子さんの苦手克服に向けた、新発想の漢字読み書きワークです。

※内容見本は、こちらをご覧ください。

※活用方法は、教材の使い方をご覧ください。

※教材のご購入は、FAXでのご注文、または たいらかオンラインショップにて承っております。

≫FAXでのご注文

≫たいらか公式オンラインショップ

 

【新型コロナ対応】「ウィズコロナと子どものストレス」掲載のお知らせ

自粛期間が明け学校が再開されましたが、例年と異なる環境の中、
子どもたちが不調や不安を訴えるケースが増えています。

「休み明けにリズムが戻らず、学校に行きたがらない」
「友達ができない」「学校見学に行けず進路が決められない」
「授業ばかりで大変」「自粛中からゲーム時間が減らせない」
など、困り感はさまざまで、それぞれに丁寧な対応が求められます。

そこで、
親子向けのストレス対策ガイド「ウィズコロナと子どものストレス」を作成しました。

コロナ禍の環境変化がお子さんにどのような影響を与えているのか、
また、それに対してどのように向き合えばよいのか、
についてのヒントをご紹介しています。

お子さんとの関わりの一助としていただけますと幸いです。

【ハンドブック】ウィズコロナと子どものストレス  (PDF)

【重要】6月以降の療育等・ご来室の目安について

平素より、Eラボ・スペースをご利用いただき、ありがとうございます。

緊急事態宣言解除に伴う、弊所での6月以降の対面での療育・学習支援について
のご案内になりますので、ご一読ください。
 



■今後の療育・学習支援について

・対面での療育・学習支援につきましては、ご希望により順次再開となります。
 ※ご来室に際しては、下記「ご来室にあたって」の内容をご確認ください。

・弊所では、ドアノブ、教具、イスやテーブル、スリッパ等の消毒、換気を随時実施して対応いたします。
 また、スタッフはマスク着用にて対応させていただき、可能な限りお子さんとの距離を保ちながら実施いたします。

・3密を避けるため、ご予約時間等の調整をさせていただく場合がございますので、ご了承ください。

・引き続き電話等他の方法による実施も継続いたします。
 (詳細につきましては担当とご相談ください)


■ご来室にあたって

ご来室される方みなさんについて、以下の目安にしたがってのご対応をお願いいたします。

・検温してからのご来室をお願いいたします。
 発熱がある場合には、微熱程度であってもご来室はお控えください。

・その他体調不良が見られる場合にもご来室をお控えください。(程度に関わらず)

・お子さんを引率される方の人数は原則お一人とさせていただきます。
 (相談内容にもよりますので、担当にご相談ください)

・マスクの着用、およびご来室後の手洗い、消毒をお願いいたします。


弊所では当面、上記の対応とさせていただきます。



いよいよ学校も再開となりますが、当面は分散登校等になる見込みです。
自粛生活に慣れてしまって、学校再開に不安を感じられる方もいらっしゃいます。
よりよいスタートが切れるよう、弊所でもサポートをさせていただきます。

ご来室のみなさまにはご理解・ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

【ご参考】
「ハンドブック 自粛生活と親子ストレス」

(2020年5月27日掲載)

【新型コロナ対応】「ハンドブック 自粛生活と親子ストレス」掲載のお知らせ

新型コロナウイルスの感染拡大防止に伴う、緊急事態宣言や自粛要請等により、
一斉休校やテレワークの推進など、親も子も生活スタイルが大きく変わってきています。
 
都市部を中心に5月末までの休校が続きますが、
学校が再開しても分散登校を予定している地域が多く、
家庭で長い時間を過ごす状況は、当面続く見込みとなっております。
 
それに合わせ、
親子向けのストレス対策ガイド「自粛生活と親子ストレス」を掲載しました。

「子どもが感じるストレスとその対応」という観点ではなく、
「保護者もお子さんも共に楽になるためのヒント」をポイントとして作成しています。

ご家庭内でのお子さんとの関わりの一助としていただけますと幸いです。

 

いーらぼ教材をお使いの先生方へ

コロナウイルスの感染拡大防止のための休校措置に伴い、家庭学習が求められる状況が続いております。

弊所で発行しております「いーらぼ発達支援教材」のシリーズは、同一施設内での使用に限り複写して
お使いいただくことができますので、学校でお持ちの場合、在籍の児童・生徒のみなさんの学習課題と
して印刷、配布してご活用いただくことが可能です。

弊所の教材は発達支援教材として刊行しておりますが、すべてのお子さんの学習の土台づくりにご活用
いただける内容となっております。単元学習とは異なるものの新学習指導要領の考え方も取り入れながら、
実際にお子さんに使用する中で生まれた教材です。

ぜひ、ご活用いただければと存じます。

なお、弊所の教材をお持ちでない方も含め、すべてのお子さん向けに、家庭学習用としてダイジェスト版を
PDFにて無料配布しておりますので、まだ教材をお持ちでない方にも、ご活用いただければと存じます。

この状況の早期の収束を願いつつ、一人ひとりのお子さんの健やかな成長に向けて、
弊所も力を尽くして参りたいと考えております。

(5/21追記)学校の先生が、休校あるいは休校明けの教材として広くお使いいたくことも可能ですので、ぜひご活用ください(校内での使用も可能です)。

 

教材の無料公開についてのお知らせ

新学習指導要領との関連について

 

一斉休校に伴う教材の無料公開について(2020年3月)

この度の新型コロナウイルス感染拡大防止のための一斉休校に伴い、学校での授業等がなくなり家庭学習を求められている状況となっています。
通級学級も中止され、療育等をお休みする機関も出ています。

このような状況をかんがみ、Eラボ・スペースでは「いーらぼ発達支援教材シリーズ」として刊行している教材の中から問題を抜粋した「特別編集版」を作成しました。

発達支援に限らず、すべてのお子さんの学習の土台づくりとしてご活用いただけます。
PDFファイルを無料でダウンロードできますので、ぜひお子さんの学習の補助としてお役立てください。

一刻も早い事態の収拾と、お子さんの健やかな成長を願っています。
 

◆使用についての留意事項(ご了承いただいた方のみお使いいただけます)

・あくまで休校にともなう学習の補助としてお使いください。

・上記の目的での使用に限りどなたでも無料でダウンロードしていただけますが、
    ファイルの転送、ネット上へのアップロード、再配布、二次利用等はご遠慮ください。

・本教材の配布は、休校措置が終わり次第終了します。
    学校が再開された後も、繰り返し学習としてご家庭内でお使いいただくことは問題ございませんので、
    お子さんの成長にお役立てください。

・(5/21追記)休校明けも、分散登校等が続く見込みとなっており、当面無料公開を続ける予定です。
 また、学校の先生がこの期間の学習用プリントとしてお使いいただくことも可能ですので、ぜひご活用ください。
 

◆ダウンロード教材(PDF)…印刷してお使いください

1 ことば・算数トレーニング特別編集版
  (対象:おおむね小学2年生以降ですが、問題により1年生からお使いいただけます)

2 読む力トレーニング特別編集版
  (対象:小学1年生~中学生。問題に応じた該当学年の目安は中に掲載しています)

ページ上部へ