ホーム>ニュース&インフォメーション

ニュース&インフォメーション

【新型コロナ対応】「ハンドブック 自粛生活と親子ストレス」掲載のお知らせ

新型コロナウイルスの感染拡大防止に伴う、緊急事態宣言や自粛要請等により、
一斉休校やテレワークの推進など、親も子も生活スタイルが大きく変わってきています。
 
都市部を中心に5月末までの休校が続きますが、
学校が再開しても分散登校を予定している地域が多く、
家庭で長い時間を過ごす状況は、当面続く見込みとなっております。
 
それに合わせ、
親子向けのストレス対策ガイド「自粛生活と親子ストレス」を掲載しました。

「子どもが感じるストレスとその対応」という観点ではなく、
「保護者もお子さんも共に楽になるためのヒント」をポイントとして作成しています。

ご家庭内でのお子さんとの関わりの一助としていただけますと幸いです。

 

【重要】緊急事態宣言に伴う療育等の対応について

平素より、Eラボ・スペースをご利用いただき、ありがとうございます。

さて、感染拡大が続く状況の中、ご来室の皆様の健康を守り、感染拡大を防ぐ観点から、
弊所でも随時対応を検討しております。
緊急事態宣言の発令を踏まえ、ご利用の皆様には以下の通り、ご協力をお願い申し上げます。

1:緊急事態宣言が発令されている間、対面での面談につきましては、基本的にはご予約の変更をお願いしております。
  ただし、通室されるお子さんにより相談内容や通室形態が大きく異なること、
  休校措置等に伴うストレス症状がみられるなど緊急に対応が必要なお子さんもいることから、
  個別にご連絡し今後の対応を検討させていただきます。

2:弊所では、随時消毒や換気、カウンセラーの健康管理およびマスク着用等の感染防止対策を行なっております。
  来室したほうがよいと判断される場合には、お子さんや引率される保護者の方を含め、
   (1)ご来室前の検温と体調観察 
   (2)ご来室後の手指の消毒 
   (3)マスクの着用
  をお願いいたします。なお、体調不良の場合や、感染者と濃厚接触の可能性が
  ある場合等も来室をお控えください。

弊所では当面、上記の対応とさせていただきます。

保護者の方にとっても、長引く自粛や休校要請は大きなご負担になっていることと存じます。
療育・学習面につきましては、「いーらぼ発達支援教材」の無料公開等もしておりますで、
ぜひご活用いただくとともに、お子さんの様子がおかしい等、何かございましたら担当までご連絡ください。
一刻も早く、一人ひとりのお子さんと笑顔で再会できることを願っております。

ご来室のみなさまにはご理解・ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。
(2020年4月10日掲載)

 

いーらぼ教材をお使いの先生方へ

コロナウイルスの感染拡大防止のための休校措置に伴い、家庭学習が求められる状況が続いております。

弊所で発行しております「いーらぼ発達支援教材」のシリーズは、同一施設内での使用に限り複写して
お使いいただくことができますので、学校でお持ちの場合、在籍の児童・生徒のみなさんの学習課題と
して印刷、配布してご活用いただくことが可能です。

弊所の教材は発達支援教材として刊行しておりますが、すべてのお子さんの学習の土台づくりにご活用
いただける内容となっております。単元学習とは異なるものの新学習指導要領の考え方も取り入れながら、
実際にお子さんに使用する中で生まれた教材です。

ぜひ、ご活用いただければと存じます。

なお、弊所の教材をお持ちでない方も含め、すべてのお子さん向けに、家庭学習用としてダイジェスト版を
PDFにて無料配布しておりますので、まだ教材をお持ちでない方にも、ご活用いただければと存じます。

この状況の早期の収束を願いつつ、一人ひとりのお子さんの健やかな成長に向けて、
弊所も力を尽くして参りたいと考えております。

(5/21追記)学校の先生が、休校あるいは休校明けの教材として広くお使いいたくことも可能ですので、ぜひご活用ください(校内での使用も可能です)。

 

教材の無料公開についてのお知らせ

新学習指導要領との関連について

 

一斉休校に伴う教材の無料公開について

この度の新型コロナウイルス感染拡大防止のための一斉休校に伴い、学校での授業等がなくなり家庭学習を求められている状況となっています。
通級学級も中止され、療育等をお休みする機関も出ています。

このような状況をかんがみ、Eラボ・スペースでは「いーらぼ発達支援教材シリーズ」として刊行している教材の中から問題を抜粋した「特別編集版」を作成しました。

発達支援に限らず、すべてのお子さんの学習の土台づくりとしてご活用いただけます。
PDFファイルを無料でダウンロードできますので、ぜひお子さんの学習の補助としてお役立てください。

一刻も早い事態の収拾と、お子さんの健やかな成長を願っています。
 

◆使用についての留意事項(ご了承いただいた方のみお使いいただけます)

・あくまで休校にともなう学習の補助としてお使いください。

・上記の目的での使用に限りどなたでも無料でダウンロードしていただけますが、
    ファイルの転送、ネット上へのアップロード、再配布、二次利用等はご遠慮ください。

・本教材の配布は、休校措置が終わり次第終了します。
    学校が再開された後も、繰り返し学習としてご家庭内でお使いいただくことは問題ございませんので、
    お子さんの成長にお役立てください。

・(5/21追記)休校明けも、分散登校等が続く見込みとなっており、当面無料公開を続ける予定です。
 また、学校の先生がこの期間の学習用プリントとしてお使いいただくことも可能ですので、ぜひご活用ください。
 

◆ダウンロード教材(PDF)…印刷してお使いください

1 ことば・算数トレーニング特別編集版
  (対象:おおむね小学2年生以降ですが、問題により1年生からお使いいただけます)

2 読む力トレーニング特別編集版
  (対象:小学1年生~中学生。問題に応じた該当学年の目安は中に掲載しています)

謹賀新年

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

20191224103126.jpg

日本LD学会 第28回東京大会に参加しました

2019年11月4日、第28回日本LD学会東京大会にて、Eラボ・スペースが企画した自主シンポジウムを開催しました。テーマは「子どもの特性を出発点とした教材の選定と活用~実践事例を通した教材活用と具体的指導の検討~
」。

弊所発行の「いーらぼ発達支援教材シリーズ」の作成経験を踏まえつつ、パネリストとして指導主任の山崎衛が「指導過程を踏まえた汎用性のある教材の制作と活用を考える~心理職および個別指導の観点から~」について話題提供をしました。

また、広く教材活用の在り方を検討するため、国立特別支援教育総合研究所の先生方や、特別支援に携わる学校の先生方にもご登壇いただき、カード型教材や、アセスメントに基づく教材作成の在り方について、会場を交えて議論を深めました。

当日は大盛況となり、シンポジウムでの議論の成果を、全国から参加された多くの先生方に活かしていただけるのではないかと思います。また、弊所でもこれらの知見を元にさらに充実した療育・学習支援活動を行なって参ります。

・・・ ・・・ ・・・ ・・・

出展ブースでは、「いーらぼ発達支援教材シリーズ」を販売。全9冊となったシリーズですが、すでに何冊かお持ちの先生方に他の教材をご購入いただくなど、「使いやすい」とのお声を寄せていただきました。また、NPO法人たいらかの利用者のアート作品を活用したカレンダーや缶バッジなどのグッズも好評でした。

いーらぼ発達支援教材 新刊発売のお知らせ

【いーらぼ発達支援教材シリーズ・新刊を発売いたしました】

読む力トレーニング ステップアップ編」


 読む力トレーニングステップアップ編

 

「読んで考える」から「論理的思考力を身につける」へ
”計算のない文章題”をコンセプトにした「読む力」シリーズの発展編。

小学校高学年から中学校の学習の土台づくりとして、
発達支援に限らず、幅広く多くのお子さんにお使いいただけます。
ぜひご活用ください。

 

※内容見本は、こちらをご覧ください。

 

※教材のご購入は、FAXでのご注文、または たいらかオンラインショップにて承っております。

≫FAXでのご注文

≫たいらか公式オンラインショップ

 

【コラム】教材の使い方に新着記事を掲載しました

弊所から刊行している「いーらぼ発達支援教材シリーズ」の活用方法についてのコラムを下記ページにて掲載しています。

【コラム】教材の使い方

第4回は、『新学習指導要領といーらぼ発達支援教材』についてです。

ぜひご一読ください。

【コラム】教材の使い方に新着記事を掲載しました

弊所から刊行している「いーらぼ発達支援教材シリーズ」の活用方法についてのコラムを下記ページにて掲載しています。

【コラム】教材の使い方

第3回は、『算数トレーニング 数の基礎・計算編』についてです。

ぜひご一読ください。

三田ルーム移転のお知らせ

この度、2018年12月をもちまして、マインEラボ・スペース三田ルームを
移転することになりました。移転先は港区芝3丁目になり「芝公園ルーム」として
1月にオーブンします。ご理解の程、宜しくお願いいたします。

新所在地詳細地図(PDF)はこちらをご覧ください。

ページ上部へ